So-net無料ブログ作成
手仕事 ブログトップ

切り炭 [手仕事]

今日はカミさんの妹夫婦が遊びがてら、炭俵を持って八郷に来てくれました。ご主人の実家を整理していたら、物置の一番奥から出てきたそうです。

130227_01.jpg
1尺強の長さに切りそろえて俵に詰められた炭は、切り口も年輪がはっきり見える菊模様です。バーベキュー用などとしてホームセンターで見かける岩の塊のような炭と違って、程良い太さで適度に簾の入った菊炭は空気の通りが良いので、火つきも良く煙も出ないのです。昔はどの家でも火鉢で使ったりしたのですが、今では鰻や焼き鳥のお店やお茶を点てる時に使う程度で、炭の消費量もぐんと減ってしまいました。

130227_02.jpg

袋や段ボール箱に取って代わられてめったに見かけなくなった炭俵も、よく見ると稲藁を使って良く出来ています。編んだ縄に稲の穂が残っていました。

110726_02.jpg

八郷で炭焼きをしているヨシ爺さんの家も、お婆さんが乾燥させた野草の葉を使って綺麗な炭俵を作りますが、丁寧な手仕事を見ると、昔の人たちの知恵を感じます。

手仕事 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。