So-net無料ブログ作成
検索選択

五年振りの台湾 [台湾]

先週木曜から一週間程、友人のMさんご夫妻を誘って台湾に行って来た。退職後台湾から日本に戻り、八郷に居を移してからは、未経験の里山生活に夢中になって、気が付いたらもう5年も台湾に足を運んでいない。

Mさんは台湾が初めてだが、4人ともそれなりの歳なので、欲張ってあちこち巡らずに、前半は台北や九份などの主だった観光地をゆっくり案内し、3泊4日のMさんご夫妻を空港に見送った後は、以前住んでいた新竹に足を伸ばして、台湾の友人と旧交を温めることにした。

(台北 初日)

故宮博物院で翡翠と青磁・白磁を観賞してから、少し先の原住民博物館に立ち寄った。ここは団体の観光客で溢れる故宮とは違って、静かに台湾原住民の生活文化を知ることが出来る。

140221_05.jpg
女性陣は民族衣装に釘付け。

140221_16.jpg

午後は板橋の林家花園へ。ここも樹木に囲まれた静かな場所だ。


140221_26.jpg

夕食は鼎泰豐、比較的待ち時間の少ない忠孝店に行ったのは良いが、ここは現金しか受け付けないのを忘れていた。明日は週末で銀行がお休みだというのに、何と200元少しを残して現金が底をついてしまった。

(台北 2日目)
今日は朝早くに電車で九份に出かけようと思っていたが、昨晩現金が底をついてしまって切符が買えない。宿泊しているホテルも換金できないというので、土曜も開いていると受付で教えてもらった台北101オフィスビルに行ってみたら、何と開くのは11時だと言われた。

140222_08.jpg

140222_07.jpg140222_06.jpg

結局松山空港で台湾ドルを手に入れて、九份に着いたのはお昼前。入口付近の小吃店で魚丸湯と冬粉で腹ごしらえをして、基山街の長い坂道を登った。

140222_16.jpg
九份小学校下の阿柑夷芋圓に入ると同時に、大雨が窓ガラスを叩いた。にわか雨はすぐに上がり、眼前に九份の眺望が広がった。

140222_18.jpg 140222_17.jpg

九份茶房で一服した。ここは日本語も通じて便利だが、有名になり過ぎて観光客がひきも切らずに出入りして、茶房本来の落ち着きが無くなってしまった。4時過ぎに台北に戻り、重慶北路の茶行に立ち寄った。台湾に住んでいた時に何度か来た茶舗だが、125年の歴史を持つ老舗ではゆっくり時間をかけて何種類かのお茶を頂きながら、茶葉を選ぶことができる。

140222_26.jpg   140222_23.jpg

夕食は天香樓。このお店は従業員の教育がしっかりしており、予約客の名前がすべて頭に入っているので、入口で名前を言うとすぐに席に案内してくれた。看板料理だけあって東坡肉と龍井蝦仁が美味しい。

(台北3日目)
Mさん夫妻は今日で帰国する。午後のフライトまで時間があるので、朝食の後中正記念堂へ行った。

140223_03.jpg
快晴の青い空に日差しが強く、まるで初夏の様な陽気。気温は20℃近くある。

(新竹)

140223_20.jpg

夜7時過ぎ、元宵節の名残りのランタンが灯る新竹に着いた。


翌朝、朝ごはんを食べにバスで水源市場に行った。新竹に住んでいた頃は、毎週のようにこの市場に買い物に来た。台北のレストランの食事も美味しいが、市場や屋台で売っているいわゆる「外帯もの(お持ち帰りの軽食)」も台湾の代表的な食べ物として欠かせない。価格の安さと美味しさは特筆ものだ。

140224_04tr.jpg
市場の入口に横付けされた屋台では、以前と変わらぬまめさで、おばちゃんが葱抓餅を作っていた。

  「加蛋(卵入り)ね」

と頼む。

140224_11.jpg   140224_16.jpg

飯團はソフトボール程の大きさのおにぎりに、好みの具と油條を入れたもの。これを食べたカミさん曰く、

  「これで今回の目的は達成したわ!」

日が経つにつれ、台湾にやって来たというより、帰って来たような奇妙な感覚に陥った。台北から新竹に入ると、その思いは益々強くなった。屋台から漂う匂い、オートバイの喧騒、冬でも緑を失わない南国の木々と暖かい日差し・・・見慣れた風景や友人たちが、5年前の記憶を鮮明に思い出させたからだろう。

駆け足の一週間の台湾滞在。久しぶりにあった台湾の友人たちからは「もう少し度々遊びにおいで」と言われた。

小吃店 [台湾]

先日都内に出かけた際、たまたま美味しそうな小龍包の写真の載った看板を見つけました。

111028_01.jpg
お店が開く11時半の前にもかかわらず、入口の前には既に10人近い行列が並んでいました。定刻になって鎖止めの外された階段を下りて行くと、正面にスーツを着た受付のお兄さんがいて、「予約のない方はこちらへ」と、大きなソファーが置かれたラウンジへ通されました。

しばらく待ってテーブルに案内されると、高い天井には某S社の豪華シャンデリアが光を放ち・・・。

111028_02.jpg
ランチタイムなので頂いたのは小龍包と

111028_03.jpg
湯麺、どちらも懐かしい味でした。

でも台湾の下町で暮らした私には、スノビッシュな雰囲気のお店は腰の座りが落ち着かず、どちらかというと隣のお客さんと身体が触れそうになりながら、頭の上をお盆が通り過ぎるお店で食べる小吃の方がしっくり来ると思えるのでした。

懐かしの味 凰梨酥 [台湾]

会社時代の台湾の友人R君が、凰梨酥(パイナップルケーキ)をお土産に持って八郷を訪ねてくれました。
台湾では毎年台北市政府が主催して、「台北凰梨酥文化節(パイナップルケーキフェア)」なる催しが開かれ、人気店のコンテストが行われています。私も台湾に居る時は、2年連続グランプリの「佳徳糕餅有限公司」や、入賞常連の「郭元益食品」などのものを日本へのお土産にしたものですが、今日R君が持ってきてくれたのは、今年のグランプリを受賞した「順成蛋糕社」のもので、「土凰梨酥」といわれるものだそうです。芒果(マンゴー)にも愛文など馴染みのあるものとは別に、野生に近い小ぶりの「土芒果」があるので、本来のものといった意味を込めているのかもしれません。

1101023_02.jpg
さてお味の方は酸味が幾分強く甘さは控えめ、パイナップルの繊維の歯触りが心地よく、なるほどグランプリを取ったのも頷けます。

R君の話では、名前からして凰梨酥には当然パイナップルが入っているのですが、餡の柔らか味を出すのに冬瓜の砂糖煮も加えているそうです。パイナップルケーキは甘いものだという先入観がありますが、パイナップルの割合が多いと酸味が、逆に冬瓜の割合が多くなると甘みが増します。

ということで、今回の「順成蛋糕社」のものは、本来のパイナップルの味が生かされているということですね。

台湾からのお土産 [台湾]

先週末台湾からやって来たお嬢さんに頂いたお土産

100610_07.jpg
素敵な風呂敷を開くと、可愛い模様の箱に凍頂烏龍と桂花烏龍、それに老佛子の三種類の烏龍茶が入っていました。ティーバッグの模様もひとつひとつ違うのです。「漢聲巷」という出版社がプロデュースするだけあって、デザインがとても洒落ています。

100610_02.jpg
こちらは金門のお菓子。竹の葉で包まれた紅高粱(竹葉貢糖)と、金門の守り神「風獅爺」を祝うお菓子、どちらも落花生をサクサクとした食感に仕上げた「酥」です。

午後のひと時、久しぶりに懐かしい台湾の味です。







メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。