So-net無料ブログ作成
もの作り ブログトップ
前の20件 | -

火曜大工 [もの作り]

先日カミさんから、エアコンの室外機のカバーを作って欲しいと頼まれました。
今日は梅雨空の合間で晴れ、カミさんが出かけている間に作ることにしました。

130702_02.jpg
言われてみれば、むき出しの機械はちょっと無粋です。

130702_04.jpg

部材は部分的に組み立てた所で、一度防腐塗装をしておきます。全部組み立ててしまうと、裏側は手が届きませんからね。

130702_05.jpg

天板は薄い杉板を裏から補強しました。こうすれば軽くても強度があるので、多少重たいものを乗せてもたわみません。ギターの力木からヒントをもらいました。

130702_06.jpg

水準器で基礎を水平に決めたら

130702_07.jpg
全体を組みたてて、最後に仕上げの塗装を重ねれば出来上がりです。

エアコンの室外機は吸気と排気の流れを妨げてはいけないので、カバーと言ってもそんなに隠せないので、見た目はあまり変わりませんが・・・ま、こんなもんでしょ。

餌台 その後 [もの作り]

先日作った餌台、雨叩きで餌がビショビショになったり、上空のカラスから丸見えだったりするので、屋根を付けることにしました。

カミさん、出来上がった餌台を見ていわく、

  「何だか神棚みたいだわね」

130119_03.jpg
ま、見た感じはともかく、米粒と万両の実を置いてみると

130119_11.jpg


130119_13.jpg

早速やって来たジョウビタキは、物珍しげに近づいては来るものの、餌台の周りをピョンピョンと跳ねるだけで、一向に餌を食べる気配がありません。どちらも好物ではなかったか・・・。

130119_16.jpg

そのうちちょっと図体のでかい鳥がやって来て、あっという間に米粒を平らげてしまいました。色々な鳥を見たいのに

  「こらっ、ひとりで全部食べるな!」

と言いたい気分です。



餌台 [もの作り]

木々の葉が落ちて花の蜜も木の実も数少ないこの時期、鳥たちは餌を探すのにひと苦労です。薪割りをした翌朝などは、飛び出した虫を目当てに小鳥たちがやって来ます。そこで餌台を作ってみることにしました。

121221_01.jpg
材料は余り板と杭、それに木の枝です。

121221_02.jpg

小鳥たちは枝に止まった方が安定するので、止まり木を竹ひごで天板に固定し、臭いのする防腐塗料の代わりに木の表面を焼いて、

121221_03.jpg
ジョウビタキやムクドリがやって来るエゴノキのそばに立てました。

121221_04.jpg

お米と砕いた豆、それに熟しすぎて柔らかくなってしまった柿を乗せてみました。
さて、鳥さんたちはやって来てくれるでしょうか。




チェスト [もの作り]

先日、Tさんご夫妻の家具製作工房をお尋ねし、収納付き飾り棚のデザインについて相談しました。

階段下の壁際が何となく寂しく、小物の収納と飾り棚を兼ねた台が欲しかったからです。しかしいざ自分の希望するイメージを伝えるとなると結構難しいもので、要望を具体的に形にして見るとまるで勉強机のようになってしまったりします。

そうこうするうちに、工房の片隅に置いてあるチェストが目につきました。以前製作したものの、お嫁に行きそびれてしまったそうです。


ミズナラの木目が美しく、                      120707_05.jpg
収納の中まで丁寧な仕事で気に入りました。  

結局私の描いたイメージ図はお蔵入り・・・代わりにずっと魅力的なチェストが手に入りました。

120707_01.jpg

Tさんが工房の庭から持ってきてくれた紫陽花を飾ってみました。高さも程良く、壁際が少し落ち着きました。


排水溝工事 [もの作り]

今年の1月に納屋を作った後そのままにしておいたら、雨のたびに土が少しずつ流されて、基礎の周りが削り取られてしまいました。このままでは納屋が傾いても困るので、庭の水はけを良くすることも兼ねて排水溝を作ることにしました。

120519_01.jpg

先ず雨水桝と排水溝のために地面を掘ります。

120519_02.jpg120519_03.jpg
排水溝は4m程の竹を二つに割って節を取り(ん、流しそうめんに使えるかな?)

120519_04.jpg

再び合わせてパイプを作ります。

120519_05 (2).jpg120519_06.jpg
雨叩き用には小さめの穴をあけた半割りを伏せて

120519_07.jpg120519_12.jpg
最後に穴をあけた短い竹筒を束ねて雨水桝に入れ、

120519_17.jpg

全体に砂利を敷けば完成です。

いつもは雨が降ると何となく損をした気になるのですが、今回ばかりは排水溝の具合を確かめるのに、雨が待ち遠しいというちょっと変てこな気分です。

ニッキの木 [もの作り]

先週、友人のTさんが林を切り拓いたからと、薪用にニッキの木の切り株を持って来てくれました。

120229_08.jpg
ニッキの木の根は乾燥させて漢方薬の桂皮や香辛料シナモンとして使われますが、紫の美しい年輪が鮮やかな切りたての株からも、ニッキの甘い香りが辺り一面に漂ってきました。

とても硬い木なので、どうやって斧で割ろうかと思案をしていると、カミさんに

  「植木鉢代わりに使いたいのがあるから、全部割っちゃわないでね」

と言われました。

確かに、樹皮の模様や切り口の美しさを見ると、全部薪にしてしまうのはもったいない気がします。

120307_03.jpg
枝分かれした株の足を揃えて

120307_05.jpg

切り口にカンナをかけて磨き


120308_03.jpg
ウロに土を入れてヤブランを生けてみました。秋に花が咲くのが楽しみです。

トーミの解体 [もの作り]

一年ほど前に修理を頼まれた「トーミ」ですが、稲の刈り取りから脱穀まで一気に機械でしてしまうので出番がなく、

120228_01.jpg
結局解体することにしました。

120228_02.jpg
風車の歯車を磨いてみると、「池田式 宝号」と刻印された文字が出てきました。

120228_03.jpg
全部捨ててしまうには忍びなく、この歯車だけでも記念にと、作業小屋の壁に飾りました。

納屋完成 [もの作り]

先月は基礎と柱や梁などの骨組みまで終えて、今月に入ってから屋根にとりかかりました。

120213_03.jpg
梁の上に杉板を敷いて、その上に屋根材を張っていきます。この屋根材は北米の木造住宅で良く使われているアスファルトシングルで、色はアジアングリーンにしました。

120213_05.jpg
屋根の中央部分には明かり取りのサンルーフをつけました。小屋の中に棚を作ると結構暗くて、物を探す時に不便ですからね。

120213_04.jpg
次に壁板を張って行きます。

120213_06.jpg
入口の反対側の壁には跳ね戸をつけました。

120213_07.jpg
壁の上下には風通しが良くなるように通気口を付けましたが、ひょこっとやって来た斜め隣のYさんが

  「これだけ壁板に隙間があれば、通気口もいらなかったねぇ」

とボソッと言いました。確かに、杉の抜き材は充分乾燥していないので、きっちり合わせて組み立てても、乾燥するにつれて縮んで隙間ができてしまうんですねぇ。きちんとした建材は乾燥してから製材しますが、予算の関係で仕方ありません。

120213_08.jpg

120213_09.jpg

跳ね戸や入口の扉は風の強い時にもバタつかないように、かんぬきで固定できるようにしました。

120213_10.jpg
最後に塗装をして出来上がりです。色は周りの木々と違和感がないようにオリーブグリーンにしました。

120213_11.jpg

長尺物は入り口近くに立てかけ

120213_12.jpg
その他の小物は収納ラックに入れて棚に置き、隣の作業小屋の中がすっきりしました。

一番寒い時期の屋外での工作で、基礎のコンクリートがなかなか乾かなかったり、材料の板が凍りついて剥がれなかったり、足にしもやけができたり等の苦労もありましたが、花粉の飛ぶ前にようやく完成しました。
これでまた、ゆっくりギターが弾けます。

納屋作り [もの作り]

昨年、工作室兼ギター練習用の小屋に外付けの収納を作ったにもかかわらず、なんだかんだと再び小屋の中がいっぱいになってしまいました。何とかしなければと思っていたら、丁度知人の紹介で丸太の廃材を頂いたので、3畳ほどの小さな納屋を作ることにしました。

120104_01.jpg
先ずは整地をして砂利と砂で地盤を固め

120112_02.jpg
柱の基礎に束石を置きます。

120112_03.jpg120112_04.jpg
建物の基礎を作るには、直角の位置決めと水平出しが大切です。出来上がった時にいびつだと困りますからね。糸を張って柱の位置を決め、小粒の砂利と砂それにセメントを混ぜたもので、全ての束石が同じ高さになるようにしっかり調整します。根気のいる仕事ですが、ここをしっかりしておくと上物の組立てが楽になります。

120116_05.jpg120117_06.jpg
束石が決まったら、次にブロックを平らに敷き詰めて、モルタルで固定します。

120125_07.jpg
さて、柱をボルトで束石に仮止めしたら

120122_08.jpg120125_09.jpg
予め加工と塗装を済ませておいた梁などを、切り欠き部をかみ合わせながら組んで行きます。

一応簡単な図面を書いて予め材木を加工してはありますが、廃材の柱が微妙に湾曲したり太さがまちまちだったりするので、現場で採寸しながら合わせることも必要です。

120125_10.jpg
最後にかすがいで固定して、建物の骨組みができました。
これから、屋根拭きと壁、内部の造作にかかります。基礎を作るのに随分手間取ってしまいましたが、さて、このペースでは完成まであとどのくらいかかりますか・・・。



冬支度 [もの作り]

木々の葉が風に舞い、あちこちに吹きだまっています。いよいよ本格的な冬の到来です。霜が降りる前に庭の木々の冬支度を済ませましょう。

1101126_01.jpg
春の芽吹きには冬の寒さも必要ですが、温暖な気候風土に育ったオリーブや月桂樹などの若木には、コモを巻きます。

それでもさすがに、これまで何度も家に入れ忘れて枯らしてしまったアロエなど、寒さに弱い草花のために簡単な温室を作ることにしました。

1101126_02.jpg
材料はツーバイフォーの木材とポリカ(ポリカーボネート)、ガラスの方が耐久性がありますが、現場加工で寸法を合わせながら組立てやすく、断熱性と透光性も比較的良いポリカの合わせ板にしました。

1101126_03.jpg

先ずは基礎造り。地面からの冷え込みを抑えるために煉瓦と採石を敷きます。

1101126_05.jpg
フレームは施主さんの希望で、明るい色調の白とリーフグリーンのツートンにしました。皆無事に冬を越してくれると良いのですが・・・。


アイヴィー [もの作り]

台風の影響で降り続いた雨もようやく上がって、今朝は時々青空も見えます。

110904_04.jpg
この数日、作業小屋で塗装と組み立てを済ませておいた柵をとりつけました。

110904_03.jpg

カミさんがハーブガーデンの一角に植えたアイヴィ、これまで地面を這って広がっていましたが、これで伝う所ができました。さてどのくらい背丈が伸びてくれるでしょう。

午後はギター文化館へ大萩康司さんのギターコンサートを聴きに行ってきました。雨上がりで湿度が高く、ご本人が言うには楽器の音がこもるとのことでしたが、どうして名器ブーシェの響きはあくまでも透明で美しく、素晴らしい演奏でした。後半の松尾俊介さんとのデュオも、パリ留学時代を通して十数年にわたる息の合った演奏に思わず惹き込まれました。

炭俵 [もの作り]

今日、久しぶりに義爺さんの炭焼き小屋へ行くと、義爺さんは風通しの良い土間に置いた椅子に腰掛けて、気持ち良さそうにのんびりとしていました。木を切らないこの時期なので、朝の早い時間に林の下草刈りなどを済ませると、後は少しのんびりです。話をしていると後ろの棚に積んである小さな炭俵が目にとまりました。

110726_02.jpg
義爺さんの奥さんが、野原に生えている腰高ほどの草を天日干しして、縄をなって編んだ俵です。大層手間がかかるので、一日に10個ほどしか編めませんが、青々とした藁は打ったばかりの畳のような色合いです。

今では袋や段ボール箱に入って売られている炭ですが、私たちが子供の頃は、四貫目ほどの炭がコモ俵に入れられて売られていました。労を惜しまない手作りのものは、美しい形をしています。

収納作り [もの作り]

こちらに移ってすぐに作ったログの小さな作業小屋。

初めは日曜大工の道具や登山用具などを入れていましたが、そのうちシャベルや鋤、大鍋やら何やらと、どんどん増えて、足の踏み場もないほどにちらかってしまいました。

「これじゃぁギターも練習できん!」という訳で、小屋の外に収納を作ることにしました。

110704_01.jpg
先ずは収納を置く場所を整地して、基礎を固めて水平出しをします。この作業がいい加減だと、あとで軒が傾くことになるので手が抜けません。

110704_03.jpg
部材を加工塗装した後、途中まで組み立てて設置場所に移動します。全部組み立ててしまうと重たくて、運ぶのを手伝ってもらうカミさんが持てなくなってしまいますから。

110704_04.jpg
散らばっていた肥料や庭の道具などもついでに収納して、家の周りが少しすっきりしました。

110704_05.jpg
蝶番が色違いだったり、取っ手が一部足りなかったり・・・田舎のホームセンターなので同じ部品の数が揃わず苦肉の策です。

梅雨の合間の物作り [もの作り]

このところ次第に日差し強くなって、「家の中にいても麦わら帽子がいるわ」というカミさんから、台所の窓にグリーンカーテンを作って欲しいと頼まれました。ブドウは急には伸びないし、ゴーヤはもう別の所に植えたし、

110625_04.jpg
それならヘチマでも・・・と。梅雨明けまでに窓の上までツルが伸びてくれることを期待しましょう。しかし実が成っても、思いつく使い道はお風呂のタワシと餃子の具くらいで、他に用途が見当たりません。

110625_01.jpg
さてこちらの箱は?勝手口から近く、なるべくそれらしからぬ様に作って欲しいというので、何だか道具入れのような外見になりましたが・・・

110625_02.jpg
中には土嚢袋がふたつ入っています。毎日の料理で出る食材の余り、これまで落ち葉や土と一緒にして堆肥を作ろうとしましたが、結構時間がかかります。そんな折、カミさんが「土作り」の本を見つけて来ました。題して「生ごみ堆肥ですてきに土作り」。ミソは土嚢袋を使って堆肥の基を作り、生ごみの発酵を促すことだそうです。

捨てればゴミでも、リサイクルすれば立派な肥料になります。







ヨシズ [もの作り]

110514_01.jpg

鬱蒼とシノが生い茂る藪に入って


110514_02.jpg
程良い太さのものを刈り取って2m程の長さに切り

110514_03.jpg
枝葉を落として

110514_04.jpg
水で洗い

110514_05.jpg
火であぶって反りを直し

110514_06.jpg
シュロ縄で縛ります。

日本家屋の長い軒先は夏の日差しを遮ってくれます。残念ながら軒のない我が家では、

110514_07.jpg

庇代わりにシノのヨシズをパーゴラに乗せて、少しばかりの日陰をつくりました。吹く風が少し心地よく感じられます。





パーゴラ [もの作り]

この頃は日の出が早くなって、6時前には明るくなります。

20110402-01.jpg
朝日が昇る前のわずかな間だけ、庭の檜がオレンジ色に輝きます。

今は若木を植えるのに丁度良い季節です。ブドウの木陰でベンチに腰掛けて本を読みたいというカミさんのリクエストに応えるべく、今日は朝一番でパーゴラ作りに取り掛かりました。

20110402-02.jpg
先ず地面を平らにならし

20110402-03.jpg
組み立てやすいように材木を予め加工して

20110402-04.jpg
パーゴラの枠寸法に合わせて土台の位置を決めておきます。

20110402-05.jpg
日が傾く頃になってようやくできあがりました。

20110402-06.jpg
若い苗なので実がつくには後3年ぐらいかかるそうですが、先の楽しみがひとつ増えました。






トーミ(唐箕) [もの作り]

原発事故の影響で農産物や水の汚染が報告されています。だからといって米作りのための日々の営みを休むわけにはいきません。田植えまであとひと月ほどになったので、田んぼの一部に残った水を水路に抜き、稲わらを焼いた灰をならして耕運機で土を起こしました。

今日はお昼過ぎに、師匠が何やら見慣れない農機具を軽トラに積んでやって来ました。

110325_01.jpg
もう使わないからと譲り受けたトーミ(唐箕:モミの選別機)で、右手でハンドルを回して横風を送りながら上から脱穀したモミを落として、わら屑やゴミとモミを選別する構造になっていますが、壊れているので修理をしてほしいとのことでした。

110325_02.jpg
銘板には「茨城縣購連農機具木工場」とあり、旧漢字の「縣」という字が使われているところを見ると戦前のもののようです。

110325_03.jpg
構造を調べながらひと通り見ると、風車の羽根がとれていたり、釘が腐ってあちこちがはずれていたりしています。

簡単な原理ながら良くできていて、俄然「生き返らそう」という意欲が湧いてきました。ただ、完成図面がないので、どう直してよいものやらちょっと思案が必要です。現物を見ることができればよいのですが、どこかの資料館に行ってみましょうかね。

椅子作り [もの作り]

檜の端材を使って庭で使う椅子を作ることにしました。

110302_07.jpg
幹を輪切りにして座面に

110302_09.jpg
枝や幹の先端の細い部分を脚にします。

110306_03.jpg110306_01.jpg
座面は面取りをしてノミで削り、脚は適当な長さに切って皮を剥き

110306_07.jpg
ドリルで穴をあけてから

110306_08.jpg110306_09.jpg
ダボを打ちこんでつなぎます。

110306_10.jpg
ついでにお子さん用も作りました。春になったら皆で花見をしましょうかねぇ。
そうすると、机もあった方がいいかもしれないなぁ・・・

久しぶりの力仕事 [もの作り]

「勝手口の周りが雑然としているので目隠しを作ってほしい」という施主(カミ)さんからの要望にこたえるべく造作をしました。

110221_13.jpg
材料は2x4の材木36本

110221_15.jpg
先ずは塗料を塗って

110227_01.jpg110227_02.jpg
ドリルで連結バーの穴をあけました。

110302_01.jpg
これだけの材木になると目方が重く、倒れると危険なので溝を掘って基礎のブロックに脚を固定します。

110302_04.jpg
これで少しすっきりしました。後はお花でも植えれば足下の目隠しになりますね。


門燈 [もの作り]

お正月の門松に使った竹を使って、菜箸や鬼おろしなどを作っていましたが、この間八郷のアートサイトで見た竹灯りが面白そうだったので、自分なりに工夫して作ってみました。

110216_01.jpg
青竹は焼くと緑から薄黄色、こげ茶色と色が変わります。炎であぶった模様が面白く

110216_02.jpg

更にドリルで穴をあけて中にろうそくを入れてみると、

110216_03.jpg

楽しい灯りになったので、玄関アプローチに飾ってみました。
前の20件 | - もの作り ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。