So-net無料ブログ作成
検索選択

健康診断 [無題]

会社に勤めている時は定期的に健康診断や人間ドックを受けていましたが、退職すると自分で意識しないとなかなかそのような機会が作れません。そんなこともあって、今年の初めに市の健康診断を受けました。診断結果通知表には血液検査や心電図、胸部X線撮影の結果が記録され、最後の蘭に「念のため胸部の精密検査をすることを薦めます」と書いてありました。
行かなくちゃと思いつつ、ついつい先延ばしにしていたのですが、花粉の飛ぶ時期になって少し酷い咳が続いたので、市が指定する専門医のいる総合病院へ出かけました。

先ず受付で問診票に必要事項を記入して、健康診断の結果を提出ました。受付の人に

   「問診で呼びますからナースセンターの前で待って下さい」

と言われて待つこと1時間10分、ようやく看護婦さんに呼ばれました。

   「今日はどうしましたか?」

と聞かれたので経緯を説明すると

   「市から何か書類を貰っていませんか?」

と聞かれました。受付で診断結果を渡したことが伝わっていません。そして、

   「市の健康診断で指摘された方はX線とCTの検査を受けることになっているので
    先にそちらを受けて下さい」

と言われました。これは受付で問診票と診断結果を渡した時、既に分かっていることです。

そして再び待つこと1時間強、ようやく検査を終え、次は専門医の診察室の前で持ちます。30分、40分・・・誰も呼ばれません。ひょっとしてお昼休みかと思ってカミさんに受付で尋ねてもらうと、 「受け付け時間内に受け付けた方の診察が終わるまで、先生は休憩しません」と言われました。

しかし誰も診察に呼ばれない時間があまりにも長すぎます。さすがにおかしいと思っていると、診察室の扉が開き、看護婦さんが

   「すいません、担当の先生がいないので、もう少し待っていてくれますか」

と言いました。一瞬言っている意味が分からず病院内に居ないのかと尋ねると、それが分からない、呼び出しても出ないというのです。つまり、いつまで待てば良いのかもわからないということです。そう言われてもこちらにできることは待つことしかありません。普段めったに腹を立てることのないカミさんも、「一体どうなってんのここは」とあきれた様子です。

それから10分ほどしてようやく医師と連絡が取れたのか私の名前が呼ばれました。看護婦さんに促されて椅子に座ると、私の息子ほどの年齢の医師は目の前のX線とCT画像を見て、

   「特に問題ないね」

と言いました。

   「この一週間程咳が続くのでちょっと気になるのですが・・・」

と言うと、その医師は聴診器を当てることもなく、私を見るでもなく、

 「特に問題ないよ。どうしても我慢できないなら咳止め出すけど」

と相変わらずCT画像をクルクルと回したまま言いました。
結局処方は書いてもらわずに診察室を出ました。この間1、2分。

若いのに横柄だなどと言うつもりはありません。患者が溢れる待合室を見れば医師が忙しいのも分かります。それでも、目の前に居る患者に目を向けることもなく、データだけで判断するお医者さんには違和感を覚えるのです。検査データだけで判断ができるのなら、今の時代、データベースを使ってソフトウェアを開発すれば、診断はコンピュータでもできそうです。

病院に着いてから3時間半、診察結果に幾分安堵したものの、気分は余り晴れませんでした。ロビーには最先端医療機器のポスターが貼られ、書架には医療の役割について病院長が書いた専門誌の記事のコピーが置かれ、私たちを「患者様」と呼ぶ病院ですが、何か違うんじゃないかと気持ちに引っかかるものがあったのです。

マスメディアでは地域医療の空洞化、医療現場の深刻な人手不足など様々な問題が報じられています。これから益々高齢化社会が進む中で、患者も医療に携わる人もお互いに知恵を出す必要がありそうです。

小銭入れ [無題]

15年前スペインに行った時に、セビリアのお店でたまたま見つけたDavid Jones のお財布

120528_01.jpg

キーホルダーがついてお札と小銭が入る上に、三つ折りにすればポケットに入る便利さもあってずっと愛用してきました。ブランドに全く疎い私は「さすがスペインの革製品は丈夫だなぁ」などと思っていたのですが、どうやらオーストラリアのメーカーだったようです。

ま、それはともかく、長年綿パンやジーンズのポケットに入れて使っていたので、ここ数年はさすがに痛んで、小銭が縫い目のほころびから飛び出してきたりしたので新しいものを探していました。

デパートやかばん屋さん、文具店など、通りすがりにそれらしいお店があると立ち寄って探すのですが、同じような機能のものが見当たらず、いっそのこと自分で作ってみようかなどと考えていました。

120528_02.jpg

ところが数日前、カミさんが横浜に出かけた時に、偶然見つけたといって買ってきてくれました。日本のHarvest Corporation の製品で、サイズと機能はほぼ同じ、皮が少し厚めです。

「はい、父の日のプレゼント!」

私はカミさんの父ちゃんじゃあないのですけれど、大喜びで頂きました。


災害時にいち早くボランティアにかけつける若者が多くいるという一方で、親元から通えることを優先して就職先を選ぶ大学生、海外赴任をしたがらない若手社員、働くよりも収入の良い生活保護を選ぶ若者がいるという現実・・・時代と共に価値観が変わるのは常とはいうものの、新しい財布を手にしながら、これが使いこまれて良い肌合いになる頃、日本はどんな価値観の社会になっているのかなという疑問がふと頭の片隅をよぎりました。

アンティークの目利き [無題]

先日アンティークの卸しをしている業者の倉庫を見に行きました。ひんやりとして少し床のきしむ広い倉庫一杯に、再生される前の古い家具や錆ついた椅子などが所狭しと並んでいました。

120406_01.jpg
「こんな古びたものが何で?」という程高い値札が並ぶ中で、手の届きそうな値段がついた金属製のガーデンチェアがあったので、これは買い得!!とばかりに喜び勇んで頼みました。 

ついでに

   「見かけが割と綺麗なのに、他の錆ついたやつに比べてどうして安いのですか?」

と訪ねると、

   「あっ、これは現行品ですから」

との答えです。

   「えっ?」

   「つまり、アンティーク調のデザインで現在製造しているものということです」

やっぱり安いのにはそれなりの理由があったのですね。

120406_02.jpg
そういえば、20年ほど前アフリカのマリ共和国に行った時、古めかしい金属細工の人形を買ったことがあります。店の親爺さんが言うには、トンブクトゥーの遺跡に関係のある品だとか。翌日その話を同行した仲間に話したら、

   「昨日ホテルの屋上に上がったら、そんな奴がゴロゴロ転がってたよ。日光や雨風に晒して年代物に見えるようにしてるんじゃないかい」

   「・・・・」

目利きのできない私が下手に骨董を買ったら、簡単に騙される口ですね。

120406_03.jpg
でも、この模様が気に入っています。ひょっとして曾孫の曾孫くらいの時代になったら価値が出る・・・んなこたぁないか。

報道の役割-(2) 放射線被爆量について [無題]

先週書いた「報道の役割」で触れた放射線の「累積被爆量」について少し詳しく書きます。これは正しい数値を知ることによって、いたずらに不安に陥ることなく、客観的に対応するためです。

累積被爆量は以下のように求めることができます。

   累積被爆量=放射線強度x被爆時間

例えば0.3μSv/h(マイクロシーベルト)の放射線を30分間浴びた場合では、

   0.3 x 30 ÷ 60 = 0.15 μSv

となります。

この考え方に基づいて、茨城県放射線テレメータ・インターネット表示局に公表されている「ひたちなか市堀口」のデータを用いて、3月21日正午から24時間の累積被爆量を計算します。

茨城県放射線計測値ログ ひたちなか堀口.jpg

   ( http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html による )

ここで使われている単位 nGy(ナノグレイ)は、報道が用いているμSv(マイクロシーベルト)に換算すると約1000分の1に相当します(600nGy/h=0.6μSv/h)。

正確な数値はこのグラフで示された10分間隔の測定曲線から下の面積を計算する必要がありますが、素人にとって面積を積分するのは簡単ではありませんので、定時の測定データを1時間平均の代表値として用います(ただし特に高い値があった時は、10分おきのデータを使って平均値を出します)。
グラフでは3/20 正午から3/21午前4:00までは概ね600nGy/hで推移し、午前5:00時の2000nGy/h前後をピークにその後変動しながら1000nGy/hまで減少しており、この間の累積被爆量を計算すると

0.6 x 16 + 2.1 + 1.6 + 1.6 + 1.5 + 1.4 + 1.6 + 1.2 + 1.1 = 21.7μSv

となります。

原発事故の発生以降、各自治体が従来の観測点に加えて新たな測定値をHPなどに公表していますので、お住まいに近い観測点のデータを使って上記の計算をすれば、事故発生以降の累積被爆量を算出することができます。

次に被爆量が人体に及ぼす影響について考えます。

放射線に限らず、有害物質が人体に及ぼす影響については、その因果関係の特定が難しいことや被験者の個体差があるため、安全ファクターが考慮されます。つまり人体への影響に有意な差が出ると認められる数値に対して10分の1、あるいは100分の1等の係数を掛けたものを管理上限値とするのが一般的です。気をつけなければいけないのは、安全ファクターを掛けているからと言って、「この値を超えても問題ない」のではなく、現状では明確な因果関係が見いだせないグレイゾーンだということです。

放射線の場合、下記の数値がひとつの指標になるでしょう。単位はmSv(ミリシーベルト)で、μSvの1000倍です。)

   50mSv:原子力関係で働く人の年間許容量(法令基準)
  100mSv:今回の事故対策に関わる人の作業管理上限
  250mSv:人体への影響が見られた報告例

この中のひとつの指標として100mSvを上限値 とした場合、継続的な放射線強度環境下で累積被爆量がこの値に達するまでの時間を求めると、

  継続的放射線強度 11.4 μSv/h         到達期間 1年
               137 μSv/h                1ヶ月
               595 μSv/h                1週間
              4167 μSv/h (4.2mSv/h)         1日

つまり、この数値と時間を勘案して非常時の避難を考える必要があるということです。この観点からすると、マスメディアで解説している専門家に求めたいのは、反応炉の健全性が保たれているかどうかの検証方法やそれが保てない、あるいは使用済み貯蔵燃料の冷却が功を奏さない可能性がどの程度考えられるのかというリスク分析、またその場合に放射線の漏えい量は時間とともにどのように増加し、避難の猶予時間がどのくらいになるかという具体的指標なのです。また、「屋内待機」の対象範囲を20~30kmにしたまま、地震の被災で困窮する人々に対する緊急救援活動を事実上不可能にしていることにも疑問が残ります。

一方、既に放出されている放射線については別の側面から考える必要があります。一過性の放射線の場合、上記の累積量を基に一定の判断ができますが、食物の場合、食品衛生法の基準を上回った食品を敢えて食べようとする人はおらず、心理的な作用も含めて農林水産業に与える影響は非常に大きいのです。人間と違って、土地、河川、海洋はそこに存在するものです。水は広域にわたって飛散した放射物質を、降雨によって河川に集約し、更に海に注ぎこみます。また、動植物は食物連鎖の形で有害物質を蓄積・高濃度化します。その一方で、放射線に含まれるヨウ素やセシウムはその種類によって半減期が数時間から数年と差があります。これらの点を踏まえて、政府には具体的対応策を、マスメディアには正確な情報伝達をしてもらいたいと思います。

報道の役割 [無題]

一昨日電気が復旧してからTVの報道を見て、被災地の余りに悲惨な状況に胸を痛めています。

その一方で、福島原子力発電所の事故以来、この問題に対する行政やマスメディアの報道の仕方が気になっています。

下がその一例です。

*****************************************************************


福島第1原発から放出されたとみられる放射性物質(放射能)は、16日も各地で観測された。
茨城県によると、16日午前11時40分ごろ、北茨城市で通常の約300倍に相当する毎時15.8マイクロシーベルトを観測した。県は「胸部レントゲン(50マイクロシーベルト)の約3分の1で健康に影響はない」としている

*****************************************************************

NHKの報道では事故発生以来一貫して同様の表現をしています。

気になっている理由は、放射線の被曝量は強度の絶対値と共に、それに被曝時間を掛けた被曝総量で議論すべきであることが周知であるにも関わらず、誤解を招く表現をしているからです。つまり総量であるレントゲン撮影や旅客機での被爆量と、今回の事故による一時間当たりの放射線値を同列で比較しているからです。

先ず、被曝時間ですが、マスメディアでは「仮にその場に1時間いたとしても」という表現をして、あたかもその状況が実際には非現実的であるような表現をしていますが、これは逆で、例えば北茨城市は避難地区でも退避地区でもなく、住民は通常の生活を送っているので、ずっとこの環境下にあるわけです。

放射線の量は最大値のみが報告されていますが、風向きや時間によって測定値が変わります。茨城県の場合、51か所のモニタリングポストでの測定値を10分ごとに集計して行政に上がっていますから、各地点での累積被爆量は容易に計算できます。ちなみに茨城県公報で開示されている北茨城市の定時測定データの平均値から計算すると、測定が開始された3/14 21:00から今日3/17 8:00までの累積被爆量は104マイクロシーベルトとなり、人体への影響の比較議論はこの累積値を基にすべきです。原子炉冷却の対応策が思うように進んでいない現況下で、北茨城市より原発に近く、避難指示や屋内待機指示が出ていない地域については、更に議論は慎重であるべきですが、福島県内24か所にあるモニタリングポストのデータは、事故のあった3/11の夕刻以降データが更新されていません。

被曝総量が人体に対して及ぼす影響については専門家の見解に従うべきですし、いたずらに不安を煽ることはいけません。しかし、現在唯一ともいえる情報源となっている行政やマスメディアが、数値の検証に触れず安易な結論を引き出すのは更に問題です。

原発に携わる人たちは、非常に切迫した状況下で命がけで対応しています。また、地震と津波で被災した人たちは、その上に、原発事故に対して後手後手に回る行政の対応によって移動を強要され、ますます困難な状況を強いられています。避難にしても屋内待機にしても、移送、物流、受入れなど膨大な労力が必要で時間との勝負です。更には河川や海、土壌の汚染といった観点から、今後の検証如何では対処すべき範囲が拡大する可能性もあります。非常時には良かれと思って配慮したことが、必ずしも良い結果をもたらすとは限りません。現実をきちんと見極め、最悪ケースを想定して迅速に手を打つことはリスクマネジメントの原則で、今その指揮は政府を筆頭とする行政に求められています。

【参考】

茨城県HP
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110317_08/

茨城県環境放射線監視センターHP
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110317_08/

福島県原子力センターHP
http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/top.html


飛行場 [無題]

広い野原の真ん中に

100719_01.jpg
突如現れたターミナル

100719_02.jpg
ステンドグラスのオブジェと

100719_03.jpg
定期便はソウル神戸だけなのに、何故か「歓迎光臨」の垂れ幕が迎えてくれます。

100719_04.jpg
一日2便運航のカウンター人影もなく

100719_05.jpg
来場者のほとんどは見学者

茨城空港にて)

3月末に開港したばかりの茨城空港に行ってみました。搭乗率が75%なのに神戸との定期便は8月一杯で終わるそうで、利用者はとまどうばかりです。目につくのは手持無沙汰な空港係員と見学者ばかり。一日に2便の発着では空港維持の経費が嵩んで立ち行かなくなるのは目に見えています。誰が採算をはじいたのか知りませんが、相変わらずこの手の事業は責任の所在が不明です。

サヘルの民族衣装 [無題]

押入れの整理をしていたカミさんが、「父さん、これまだとっとく?」と言うので見ると、懐かしいアフリカの民族衣装でした。

100411_38.jpg

サハラ砂漠南縁(サヘル地方)で水資源調査をした時に、マリ共和国の首都バマコ郊外で、滞在の合間に仕立ててもらったものです。

長袖で見た目は暑そうですが、ゆったりして風が良く通るので、空気の乾燥した砂漠地帯で着ると案外涼しいのです。しかし湿度の高い日本に帰って着てみると、とても暑苦しくてやってられず、そのままお蔵入りになっていました。

輝く太陽の下でハウサ族やトゥアレグ族のようにスラッとした八頭身の人たちが着ると、とても映える衣装です。

春風にたなびく緑色の衣装を見ていると、4000km近い砂漠のドライブの合間にバオバブの木陰で涼をとったのが、つい昨日のことのように思い出されました。

動物園 [無題]

星野道夫さんの写真を見ていると、大自然と同化している動物たちの姿が生き生きと伝わってきます。

動物園、最後に行ったのは何時だったか・・・。生まれ故郷や家族から引き離されて、限られた空間で一生を過ごす・・・そんな境遇の動物たちを見るに忍びなくてあまり足が向きませんでしたが、今日何十年か振りに動物園に行きました。

090525_01.jpg
サバンナを群れで移動する象や

090525_02.jpg
森を棲みかにするクマには少し窮屈そうでしたが、

090525_03.jpg
それでも、多摩丘陵の森を生かした園内で、走り回れるほどの場所を確保してもらったチーターや

090525_04.jpg
ライオンたちは、家族で群れを作って原っぱで戯れていました。

自然の生態系を再現するのは困難ですが、動物園も少し考え方が変わったようです。
ひるがえって私たちは、環境に対してどんなコンセプトを持って未来を迎えるのでしょうか。


看著星野道夫先生拍的照片、跟大自然同化動物的姿容清清楚楚浮現在眼前。
我上次什麼時候去動物園・・・因為不忍看他們離開故郷一輩子住在有限的空間、我好久没走去動物園。
重新原來的情況比較困難、但是最近動物園的想法可能跟過去不一様。
回顧我們的生活、對未来的環境有什麼想法呢?

お墓参り [無題]

今日は海外生活でしばらくご無沙汰していた両親にご挨拶です。

090112_04.jpg
時とともに日々の生活の中では記憶は薄れてゆきますが、冷たい水で墓石を洗い流していると、生前の思い出が蘇ります。


因為我這三年来住在國外、今天好久去掃墓。
随着時間的消逝他們的回憶在日常生活逐漸模糊、但用冷水洗墓石的時候它再想起来。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。