So-net無料ブログ作成
検索選択
アート ブログトップ

デルフトの画家 [アート]

120626_01.jpg
銀座中央通りからみゆき通りに一歩入ったビルの5階で

120626_02.jpg

「フェルメール 光の王国展」が開催されています。


120626_03.jpg

上野の森では西洋美術館と都立美術館それぞれに原画が来ていますが、こちらはコンピュータグラフックの最先端技術を駆使した複製画。もちろんその質感は原画には及びませんが、現実にはほぼ不可能な「生涯作37点全てを一同に見ることができる」という点で興味深いものです。

120626_04窓辺で手紙を読む女.jpg
窓辺で手紙を読む女(1657年)

120626_05紳士とワインを飲む女.jpg

紳士とワインを飲む女(1658-60年)


120626_06天文学者.jpg

天文学者(1668年) 、その他多数の作品に共通するのは、左上方から差し込む光に映し出される、人物や静物の光と影、質感の巧みな表現と綿密な空間構成。

120626_07真珠の耳飾りの少女.jpg

そんな中で漆黒の背景にくっきりと浮かび上がる真珠の耳飾りの少女(1665年)は、その美しさが際立ちます。

120626_08.jpg

ところで、この構図に人物のいない作品はありましたっけ? 実は会場の一角に再現された、フェルメール絵画の代表的な構図です。

【フェルメールセンター銀座の情報】

http://www.vermeer-center-ginza.com/

風のささやき [アート]

久方ぶりに東京へ。晴海通りから中央通りへ足を進め

1101028_02.jpg
今も戦後間もない頃の町並みを彷彿とさせる

1101028_03.jpg

裏道の古いビル


1101028_04.jpg

カラクリ屋敷のような建物を三階まで上ると、小さな画廊に10幅ほどの絵が飾られていました。

優しい色使いのパステル地に線描を施した作品からは、画廊の小窓から入り込む風のようにさわやかな息吹きが流れて来るようです。

1101028_46.jpg
画廊の片隅にそっと置かれていた蝋燭に明かりを灯しました。水に浮かんだ鎮魂のともしび・・・岩手で生まれ育ったYさんにとって、震災で傷ついた故郷を思う気持ちは人一倍強いのだと思います。

アートサイト八郷 [アート]

棚田や山林が豊富な田園風景を背景に、多摩美大の学生さんと八郷の人たちが協力して、自然と調和した作品を展示している「アートサイト八郷」を見に行きました。

110213_02.jpg
今年は「自然の息づかい」として、風や水、火をテーマにしています。

110213_01.jpg
学生さんたちはこの家の離れに寝泊まりしています。

110213_03.jpg
火をテーマにした「竹灯り」・・・陽の光を浴びて光る竹、夜に揺れる蝋燭の灯りで見たら幻想的でしょうね。

110213_05.jpg
一昨日降った雪が残る落ち葉の道を

110213_06.jpg
竹のトンネルをくぐりながら登ると
110213_07.jpg
高台の入口に蝸牛のような形をしたドームがありました。

110213_08.jpg
風の抜ける丘の向こうには、うっすらと雪化粧した筑波山が見えました。


八郷クラフト・フェア [アート]

今日はカミさんに誘われて八郷のクラフトフェアに行きました。

101123_01.jpg
風が強く、時折小雨もぱらついていましたが、

101123_02.jpg
たくさんの出展がありました。

101123_03.jpg
とりあえず、軍鶏鍋で暖まってからお店をひやかしに。

101123_04.jpg
真鍮の打ち出しで作った作品は味がありますが、お値段を見るとちょいと手が出ません。

101123_05.jpg

そこで可愛い音がする鈴と、体験コーナーで自作のスプーン・・・槌目がついたオリジナル作品です。

101123_06.jpg
最後に親父さんが名前を入れてくれました。

101123_07.jpg
寒い中、筑波大学フォルクローレ同好会の皆さんがメキシコ民謡を歌ってくれました。

101123_08.jpg
八郷の山もきれいに色付いて、冬支度が始まりました。
 

ガラス工房 [アート]

今日は近くに住むガラス工芸作家土屋章さんの工房をお訪ねしました。

先日友人夫妻とともに展示会を訪れた際、製作の現場を見学できますかとお尋ねすると、「今月半ばに火入れをするので」と快くご了解いただき、お忙しい製作の合間に丁寧に対応して頂きました。

南に田園風景が広がる工房にお邪魔すると、ちょうど土屋さんがグラスを製作中でした。

101024_05.jpg
真っ赤に燃える炉から取り出されたガラスの塊が

101024_06.jpg
様々な金具や息吹きを巧みにあやつる土屋さんの手にかかると、またたく間に形を整えて行きます。

透明感溢れる彼の作品を手にした時、端正な造形にも関わらずしっくりと馴染む感触を不思議に思いましたが、「最後はガラス自体が自然に収まろうとするのに任せます」といった土屋さんの言葉を聞いてその理由が判ったような気がしました。

ARTIST FILE 2010 [アート]

今日は都内で開かれた同窓会に出かけるついでに、国立新美術館に立ち寄りました。

100423_02.jpg

黒川紀章さんの設計したこの建物は、幾何学的な線を描く建物の構造と、壁面の殆どにガラスを用いた光の効果で、面白い空間を作っています。

100423_07.jpg

今開かれているのは「ARTIST FILE 2010」、現在国内外で活躍する7人の作家の展覧会です。

印象に残ったのは福田尚代さんの作品。 巧みに配列された文字を視覚的に訴えることで、言葉が「言霊」であることを思い起こさせる斬新な表現でした。

次回の企画展はルーシー・リーの陶芸作品、とても楽しみです。

和楽 [アート]

今日は五反田のゆうポートホールで、和太鼓、津軽三味線、それに歌舞伎の共演を観賞して来ました。

091017_03.jpg
ゆうポートホールへ来るのは、もう随分前に小学生だった子供たち3人を連れてSKYのコンサートを聴きに来て以来です。

公演の第一部は林英哲さんの太鼓、高橋竹童さんの三味線と、中村勘太郎・七之助兄弟の歌舞伎をそれぞれに、そして第二部は全員による和楽と舞踊の新作共演『芯』が演目でした。

太鼓、歌舞はともに神事の儀式に遡るルーツを持つ演舞、津軽三味線は琵琶による古事口承を時代とともに置き換えて、民衆の生活に根付いてきた日本古来の和楽です。

林英哲さんの太鼓は初めて生で聞きました。あと数年で還暦を迎えようとしている人とはとても思えない、全身からほとばしるエネルギーと、見事なバチさばきで打ち出される太鼓の響きが伝わって来て、身体の芯から揺さぶられるような感動を受けました。

091017_06.jpg
会場を出て少し冷え込む夕方の街を散歩していると、細い路地の坂を上がった向こうにお社がありました。境内を通り抜ける人が、皆一様に社殿の前で立ち止って一礼して行くのを見て、何となくほっとした気分になりました。

天草の陶磁器 [アート]

以前のブログでも紹介しましたが、天草陶土は平賀源内もその書に「天下無双」と表したように、世界的にも有名な良質の陶土で、陶磁器製造の歴史も瀬戸に次いで古く江戸初期に遡ります。天草は幕府直轄の天領で領主が度々代わったため、九州各地で大名の庇護のもとに栄えた陶芸は発展せず、「陶石の産地」に留まっていました。

しかし近年になって若手の窯元を中心としたグループが活動の輪を広げています。昨年は代表的な白磁の高浜焼寿芳窯、陶房泰、小田床窯などを訪れましたが、今回は本渡周辺の若手作家の窯を訪れました。

090621_01.jpg
丸尾焼は江戸末期に窯を開き、現代も多くの若手陶芸家がここで修業を積んでいます。展示館の中は広々として気持ち良く、

090621_02.jpg
太太は季節感のあるデザインが面白い絵皿が気に入りました。

090621_04.jpg
「朝虹窯」の窯元余宮隆さんは、唐津焼の中里太郎右衛門の弟である隆さんの所で修業を積んだ若手陶芸家です。店の一角でコーヒーを頂きながら作品を楽しませていただきました。

090621_05.jpg
陶丘工房は島原湾を見渡す五和町御陵の小高い丘の上にあります。ご主人はちょうど用事で熊本市内へ出かけて留守でしたが、奥さんが丁寧に対応してくれて、おまけにきれいに花を植えているお隣の庭まで案内してくれました。

090621_06.jpg
陶土は苓北、佐賀愛知の土を混ぜているそうです。ちょうど手ごろなコーヒーカップがあったので買い求めました。

090621_07.jpg
陶丘工房から更に行くと、狭い山間に緑が広がっていました。このあたりの土は天草で最も農業に適しているそうです。

090621_08.jpg
息(いこい)峠窯は山を背にした林の一角にあります。窯を訪れると工房には山と積まれた陶器の間に一升ビンがポンと置いてありました。ここでは今も薪を使った到炎窯を使っています。15~20分毎に火加減を見るので、焼き始めると30時間の不眠作業が続きます。窯元の岡田さんと話をしていると、「きびなご」と「かなぎ」の違いや素潜りの魚釣り、農業などに話題が飛び、陶芸家というよりもむしろナチュラリストとして自然の中の生活を満喫している様子でした。

090621_09.jpg
美しい里山の広がる山の口焼の窯を訪れた時は、丁度お店の戸締りを済ませた所でしたが、私たちの姿を見かけて、窯元の奥さんが母屋から出てきて親切に開けてくれました。

090621_10.jpg
ここでは娘に頼まれた煮物用の中鉢を買いました。


蔵々窯は大矢野島から二つの橋を越えた維和島の深い山中にあります。私たちが訪ねると窯元の許斐(このみ)さんがいぶかしげな顔をして中から鍵を開けてくれました。山桜の綺麗な春先以外にこんな所まで訪ねて来る人はほとんど無いので訝しく思ったそうです。初めの印象はとっつきにくそうでしたが、しばらく話をするうちに仲間の窯元ばかりでなく、美味しい食べ物屋さんや隠れた見どころなど、訥々とした口調で丁寧に教えてくれました。

090623_11.jpg
オブジェで賞をとった彼の作品は蚊やり豚などとてもユニークですが、あまり冒険のできない私はオーソドックスなカップ&ソーサーにしました。

今回本渡近辺を訪れてみて、水の平焼以外にもたくさんの窯があるのに驚きました。若い世代の窯元たちが、これからの天草陶磁器の発展を担ってくれることを期待したいと思います。

印象派の絵画 [アート]

今日はブリジストン美術館で今週から始まった、印象派から現代に至る作家の絵画展を見てきました。

090128 ブリジストン美術館.jpg
コロー、ピサロ、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、マティス、ルオー・・・。鮮やかな配色と軽快な絵筆の動きで躍動感を表す印象派の絵画の中に、光と影が神秘的に織りなすレンブラントの夜の情景が一点だけありました。柱の陰にあって見過ごしてしまいそうな20cm四方程の小さな絵に強烈な印象を受けました。

私にとって新しい発見はパウル・クレーと中国生まれのフランス人ザオ・ウーキー(趙無機)の作品でした。興味のある方は足を運んでみてください。今回の作品展は4月12日まで開かれています。


従東京站走路差不多五分鐘、有一個静謐的芸術空間「石橋美術館」。
許多印象派的絵劃譲我們入迷。
アート ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。