So-net無料ブログ作成

田起こし [野良仕事]

稲刈りの後、そのままにしていた田んぼ

120131_01.jpg
水はけが悪く、晴天が何日か続いても、さすがに冬の日差しでは乾かず、二月の田起こしの前に、溜まった水を何とか抜かねばなりません。

120131_02.jpg
この所の寒さで朝はカチカチに凍って刃のたたない土、陽が昇って地面が緩む午後に

120131_03.jpg
田んぼの周囲にスコップで30cmほどの深さの溝を掘って水を落とします。

120131_04.jpg
毎日少しずつ掘り進み、三日目でようやく一周近くまでこぎつけました。

立春が過ぎれば春はもうそこです。田んぼの準備もそろそろ始ります。

納屋作り [もの作り]

昨年、工作室兼ギター練習用の小屋に外付けの収納を作ったにもかかわらず、なんだかんだと再び小屋の中がいっぱいになってしまいました。何とかしなければと思っていたら、丁度知人の紹介で丸太の廃材を頂いたので、3畳ほどの小さな納屋を作ることにしました。

120104_01.jpg
先ずは整地をして砂利と砂で地盤を固め

120112_02.jpg
柱の基礎に束石を置きます。

120112_03.jpg120112_04.jpg
建物の基礎を作るには、直角の位置決めと水平出しが大切です。出来上がった時にいびつだと困りますからね。糸を張って柱の位置を決め、小粒の砂利と砂それにセメントを混ぜたもので、全ての束石が同じ高さになるようにしっかり調整します。根気のいる仕事ですが、ここをしっかりしておくと上物の組立てが楽になります。

120116_05.jpg120117_06.jpg
束石が決まったら、次にブロックを平らに敷き詰めて、モルタルで固定します。

120125_07.jpg
さて、柱をボルトで束石に仮止めしたら

120122_08.jpg120125_09.jpg
予め加工と塗装を済ませておいた梁などを、切り欠き部をかみ合わせながら組んで行きます。

一応簡単な図面を書いて予め材木を加工してはありますが、廃材の柱が微妙に湾曲したり太さがまちまちだったりするので、現場で採寸しながら合わせることも必要です。

120125_10.jpg
最後にかすがいで固定して、建物の骨組みができました。
これから、屋根拭きと壁、内部の造作にかかります。基礎を作るのに随分手間取ってしまいましたが、さて、このペースでは完成まであとどのくらいかかりますか・・・。



Duo Palissandre [音楽]

今日はフランスのボルドーから素敵なDuo Palissandreがやって来ました。

120122_01.jpg
1998年に結成してから15年、いくつかの国際コンクール二重奏の部門で優勝をしたお二人は、美しい音色と豊かな表現力、そして何よりも息の合った演奏で、古典から現代にいたる幅広いレパートリーを楽しませてくれました。

コンサートの後、是非にと希望されて

120122_02.jpg
ギター文化館の名器トーレスや

120122_03.jpg

ラミレスを弾いたお二人は

小さな胴体から部屋いっぱいに響く素晴らしい音色に驚きを隠しませんでした。

日本は初めてとのことですが、お箸でおそばを食べたり、演奏の後は八郷の温泉に浸かったりと、日本に親しみを持ってくれたようです。

寒肥 [野良仕事]

寒い日が続きます。

120117_01.jpg
三色スミレも早朝は凍ったまま

今日は柿畑に出かけて寒肥を施しました。枝の長さの中ほどの根周りに溝を掘り、

120117_03.jpg
施肥をして埋め戻します。

120117_02.jpg
柿畑には40本ほどの柿の木がありますが、果樹園の樹は枝を低くしつらえてあるので、中腰になって重い鋤で硬い土を起こすのはなかなか骨の折れる作業です。2,3本続けては青い空を見上げてトントンと腰を叩くきながら、全部の樹への施肥を終える頃には、日差しも強く汗ばんできました。

冷え込み [季節]

今朝はこの冬一番の冷え込みで、関東一円の気温は軒並み氷点下だったようです。

120112_01.jpg
昨日うっかり外に出し忘れた蝋梅が、水に指したまま凍っていました。

それでも日中は青空が広がって、風のない小春日和

120112_02.jpg
寒桜が一気に開きました。寒い冬だからこそ、太陽の恵みを感じます。

仕事始め [力仕事]

今年の正月は去年より寒い気がします。薪ストーブも日によってはお昼前から焚いているので、薪の消費もペースが早いです。そんな折、いつもお世話になっているTさんからお声がかかりました。林の木を切ったので分けて頂けるとのことです。

120105_01.jpg
早速行ってみると、切り倒したばかりのナラやカシが斜面にごろんと転がっていました。

120105_02.jpg
このカシは直径30cm以上、チェーンソーで切るのもひと苦労です。

120105_03.jpg
だるまに切った原木を軽トラに積んで帰って、いざ斧を構えて面と向かうと、堂々たる太さに気も引き締まります。

120105_04.jpg
それでも冬場に切ったばかりの落葉樹は斧の入りが良く、なんとか軽トラ一杯分を割り終えました。
今年の仕事始めです。

おきみやげ [遊び]

お正月休みにやって来たチビッコ軍団

120104_01.jpg
一時も休まずにエネルギーを発散して

120104_04.jpg

竹や棒きれを見つけては太鼓代わりにカンカン叩き


120104_03.jpg

私はアロエのフードをちょっと借りて 「温室育ちなの」


子供たちの家族が去った後、ふと見ると

120104_05.jpg
思わぬ所に作りかけのロボットや

120104_06.jpg

門松らしきものが残っていました。


そういえば私がダッチオーブンの火加減を見ているそばで、あれこれ作っていたのはこれだったんですね。

筑波登山 [山登り]

明けましておめでとうございます。

八郷は元日から二日続けて曇り空で初日が拝めませんでしたが、今朝はようやく東の富士山(ふじやま)の稜線から朝日が昇りました。

今日は同じ八郷に住むMさんに誘って頂いて、筑波山に出かけました。

120103_01.jpg
地元で育ち、数えきれないほど筑波山に登っているMさんが案内してくれたのは、真壁側の大滝不動から男の川(おのがわ)の沢を伝う道で、人気のない谷に落ち葉を踏むカサカサという音が響く気持ちの良いルートでした。

120103_02.jpg

ゆっくりした歩調で一時間程登ると尾根筋に出て、程なく男体山の山頂に着きました。今年は氏神様に詣でていなかったので、山頂の祠で一年の無事を祈願しました。

120103_03.jpg
女体山に登り返して岩場の山頂に立つと、日光連山を始めとした関東平野周辺の山々が、青空のもとにくっきりと浮かび上がっていました。

筑波山は900mに満たない山ですが、関東平野に立つ独立峰なので、空気の澄んだ冬場には素晴らしい展望が楽しめます。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。